カテゴリー別アーカイブ: 中道ブログ

日本一の焼肉屋さんと言えばSATOブリアン

新年早々、阿佐ヶ谷のサトーブリアンに行ってきました。

阿佐ヶ谷の片隅にしれっと立ち上がった小さなこの焼肉屋も、

今や知らない人はいないというぐらい日本屈指の名店になってしまって。。。

アンジャッシュの渡部さんなんてどこかしこで絶賛してますし、
正月特番でも、オーナーの佐藤さんがたけしさんに食わせてましたし、
食べログ焼肉部門日本1位っすもんねー。あーすごい。

 

「ファニムビがプロモーションを担当したらどこも繁盛する!」と断言まではできませんが、

こういう人気店にはとても良い運気が流れてきているので、その良い気の流れをあなたにもお裾分けさせてくださいw

動画制作や集客プロモーションならファニムビまでご相談ください!

 
15894823_1035843753209690_4304706592403133916_n

お通しのビーフシチュー。

もうこれがビーフシチュー専門店のメインディッシュより美味いので、この先どんなのが出てくんの?みたいな気持ちにさせます。

 

15941278_1035843756543023_7838826401207425650_n

ハラミやイチボ、シンシンが登場。

焼き方、食わせ方が絶妙で、特製のワサビやスパイス、タレと、どれも普通じゃないんです。

 

hire

ヒレは、すき焼き風にして、黄身と、少しのご飯の上に乗せて出てきます。

 

sl4

これは商標登録に申請中の「ヒレすき」です。
(イラストをうちが担当してます)

 

sa

サーロインは、新鮮な大根おろしを包みこんだ上で出てきます。

 

そろそろメインだなとか、思ってたら、

15941139_1071839272925401_7368554118087127370_n

シャトーブリアンと佐賀の唐津の最高級うにが出てきます。
そしてこれ、なんと・・・

15966098_1071839282925400_4902474233619707465_n

「ブリ飯」になるんです。

sl2

これもパクリ店が多すぎて商標登録澄みです。
(イラストはうちです)

 

ああ、幸せとか思ってたら、すぐ、

15977313_1071839319592063_1162174968527345436_n

ブリカツサンドです。

sl3

登録済みです。(うちです)

これ、パンが大阪のすごい有名店のパンで、まじで一生に一度は食べて欲しいカツサンドです。

 

もうええやろ、と思ってたら、最後には

15965866_1263573687041985_8966333035471591115_n

なんと最高級和牛で作るボロネーゼです。

これは麺が美味しいつけ麺みたいな食感で、開発秘話もたくさん聞いてたので、感極まってしまいましたね。

 

sl1

ちなみに今回お邪魔したのは、阿佐ヶ谷近辺で3号店となるジュニアでした。

こういったロゴも制作させていただいておりまして、

このお店は「住所」も「電話番号」も非公開で、予約すら取れないお店なんですよね。

 

もちろんほかの2店舗(本店とにごう)は予約できるようになってるのですが、

もう人気が凄すぎて、2ヶ月以上待ちみたいです。。。

 

1年ぐらい前にも、これまた予約が取れない焼肉名店「にくやま」さんとコラボして
イベントとかもやってました。なんか色々攻めてて、常に進化してるところがすごいです。

その時の映像も担当させていただきました。

また新しいサービスが始まったら、プロモーションビデオを作ると思うので、その時はまた告知しますね。

ごちそうさまでした!

 

動画制作や集客プロモーションならファニムビまでご相談ください!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

懐かい場所

fullsizerender-18

卒業式ぶり。18年ぶり。大阪堺にある母校に侵入。

そんなに期待してなかったけど、やっぱ意外と懐かしいもんです。

 

fullsizerender-19

一部、壁面がピンクになってるというハイセンスな部分以外、特に変化はなかったのも不思議。学校ってそんなもんかな。

知ってる先生ももういない。生徒からしたらただの不審者。何をするわけでもないけど、心がへむへむ鳴いてる感覚はありました。

 

fullsizerender-17

ただ、ひとつムカついたことは、そんな感じで、騒ぐわけでもなくかといって冷めているわけでもない、実にニュートラルな状態で健全に見学していた僕の横で、一緒に行ってたひとつしたの後輩の女子が、

「ぎゃあああ、懐かしいーー!」

「うあー、変わってるー!」

「ああ、ここここー!」

「たまらんわーーーー!」

「ぎゃああああああああ」

と騒いで騒いで、うるさいうるさい!

18年ぶりに母校に行ったんなら、それぐらい普通じゃない?って思われそうですが、そいつの家、そこから徒歩10分の場所にあるんですよ!!

「いや、お前は懐かしむな!」

と両側の2人からツッコまれていましたが、まあ、母校ってそんなもんなんでしょう。。

 

fullsizerender-20

まあ、その後はその子の店で、その子の手料理を振舞ってもらって、めちゃめちゃ美味かったので、チャラにします。

いつかジジイになった時、今働いている事務所を訪れて、同じ気持ちになれたらええな。

そんぐらい心込められたらええな。

田崎ビル。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

隣の芝生は青くない

隣の芝生は青いって思える状態なんてほぼほぼ幻想です。

というのも、最近うちの事務所がある神山町という土地に「行きたい居酒屋がない」と愚痴りまくってたことです。やれ神田にはいい感じの串焼き屋が多いとか、恵比寿はバランスがいいとか、思っきし隣の芝生は青い状態で、神山町をディスってたんです。

でも、それってほんまアホでした。今できることをほとんどせずに環境を変えたいと嘆くアホな若手社員と同じような間違いを犯してました。

神山町、通称「奥渋」。いい居酒屋いっぱいあります。少し小さな路地を入って見たり、いつも行かない方向を見つめて見たり、路面になければ2階3階にあったり、間違いなく「美味しい街」です。

ほんますんません。反省します。アホでした。今日からは神山町の隅から隅まで、うまい店を食い切ります。

それで、さっそく見つけた、熊本料理屋に、崎原と大谷と行って来ました。

 

fullsizerender-15

生ビールって全部同じって思ってましたが、サーバーのメンテナンスなのか愛なのか、店によって旨さが全然違います。

fullsizerender-9

fullsizerender-3

fullsizerender-8

さあ、出て来ます出て来ます。熊本の地元料理。美味いのはもちろんなんですが、普段食えないってのもまたプラスですよねー。

fullsizerender-7

知らないメニューが多いと、じっくり楽譜のようにメニューを読み込む大谷。天才の振りしてます。

img_3601

地鶏の希少部位。

fullsizerender-11

希少部位って、例えば、レバーともも肉の間の味がするんですね。希少部位って、中間部位ってことなんすかね?と大爆笑している2人、意味は、わかりません。

fullsizerender-10

あんなに地元料理で盛り上がってたのに、この浪速のたこ焼き風コロッケが一番美味いとか言い出す天才大谷。

fullsizerender-2

fullsizerender-4

熱い!美味い!これが一番美味い!

fullsizerender-12

fullsizerender-14

最近、饒舌になってきて、笑いのセンスが上がって来た、元笑いのセンス0の崎原、今は、、、、2です。すごいことです!

fullsizerender-5

fullsizerender-6

初回なので、食い逃しによる悔いを無くすために、いっぱい頼みました。

img_3629

いやあ、美味かった!

この日は、普段しないような家族の話なんてしたりして、なんか同じ時間を重ねるだけで人は少しずつでも交わり合うとしみじみ感じた夜でした。

もう次行きたいところは3軒ほど候補が出てます。

神山町、通称「奥渋」いい街です。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

面白くない映画の魅力

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-15-45-23

お笑い芸人の小藪さんが雑誌で「たまにM-1の決勝で最下位になったコンビのことをオモロなかったっていう人がいるけど、決勝の中では最下位やったけど、日本で9番目にオモロイ漫才コンビなんやで、と伝えたい」と言っていました。

でもまあ、テレビを見ている人はお笑いの専門家でもなんでもないので、テレビ番組としてこの人が面白くなかったと思えるのは、自然なことだと思うんですが、確かに他にもおもろすぎるコンビが100組ぐらいいて、その中のハイレベルな漫才9組、みたいな想像力を少し足してから見てみると、不思議とみんな面白く感じてくるものかもしれないすね。

 

それと同じ経験を最近もしまして、huluやNetflixで映画を毎日のように観ていると、たまに「お金むちゃくちゃ掛かってるのに、最強におもしろくない映画」が登場します。そいつらは、面白くなさすぎて日本に映画として入って来てないやつらです。

それを観て、逆に発見したんですけど、海外などから日本の劇場に入って来てる映画って、ほんまに面白いんですね。冒頭のM-1の話じゃないですけど、劇場映画ってこんなレベルやって決めつけてしまうと、ついついヒット作に対しても辛口になってしまったりしますが、本気でミスってるおもしろくない映画をたくさん見ると、ヒット作って、ほんまにめちゃくちゃ観客が見やすいように工夫されていて、飽きないように演出されていて、興奮するように仕掛けられてます。すごい。僕らからすると学ぶところしかないぐらいです。

そうやって映画を見始めてからは、ほんまだいたいの作品を楽しめています。あえてレベルの低いものから順に見ていくことによって、いい作品の本当にいい部分に気づける。これって、単純なことなんですが、なんか、今の自分にはとても新鮮で必要な気づきでした。

 

お陰で、時間ある限りヒットしなかった映画を見まくってます。TSUTAYAとかだとヒット作しかなかったりするので、M-1みたいな状態になってしまう。面白い人も、なんか面白くなく見えてしまう。でもそれだとなんか損した気持ちになりそうで、怖いですね。

批評眼も大事ですが、好きな部分をすぐに見つける眼も、同じぐらい大事だと思うので、、僕は、基本は褒め上手になりたいなと思う今日この頃です。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

昼飯を食うこと

お仕事で赤坂に行ったら、いつも行く定食屋に行ったぜ。崎原と大淵を連れていったぜ。

fullsizerender-9

旨そうだぜ。実際旨いぜ。米が旨いぜ。

 

fullsizerender-6

この顔は、飯が旨くてあんまり話しかけてほしくない時の顔です。みんなでランチする醍醐味って、ワイワイ話すことのはずやのに、この顔です。でもこういう男です。大淵源八がWikipediaに載ったら「ルールが多い」って書きこもうと思ってます。

 

あれ、今日は「ぜ」で通すんかなと思ったあなた、めんどくさいから、通さないぜ!普通にやるぜ!

fullsizerender-5

fullsizerender-7

焼き魚が好きな崎原もご満悦の表情。だって旨いんですもん。

 

fullsizerender-8

いやあ、しかし旨いのです。

 

昔なんかの映画で「旨い飯を一緒に食ったら、俺らはもう友達だ」っていうシーンがありましたが、わからんでもないです。

fullsizerender-4

fullsizerender-3

旨いから、話しかけられたくなかった大淵も、結局、仲良く食ってます。それは結局飯が旨いからです。

なんかよくわからなくなってきましたが、仕事仲間と仲良く飯を食えると、仕事は楽しいってことです。

いや、やっぱりなんかよくわからんかな。

img_3573

ちなみに、ここの卵かけご飯は、大淵の人生歴代3位だったそうです。

「1位と2位はどこ?」って聞いたら、

「覚えてない」だそうです。

つまり、この店が暫定1位ってことです。

また行こう。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

YOSHIKIと呼ばれて

img_3563

大谷とおる、ファニムビのアニメーター/イラストレーターです。

見ての通り最近、金髪です。そのせいで、似てもないのにYOSHIKIと呼ばれています。本人はそんなに嫌じゃなさそうです。その前のあだなが、タニ・レーザーだったから、そっちよりはYOSHIKIのほうがマシだと思ってるんだと思います。

 

彼は、ひと言でいうと「努力家」です。朝起きられないという弱点があり、栄養がたまに足りずふらふらします。そんな軟弱な身体に反して、クリエイティブの面で、何か壁が立ちはだかると、意気揚々と乗り越えにかかります。素晴らしい姿勢です。モノづくりが好きなんでしょう。

最初は、自分が好きなタッチの絵しか描けなかったのですが、ひとつひとつクライアントからの要望に親身になっていくたび、次々と描く技術を身につけ、引き出しが増えていきます。

 

何度もくじけそうになってますが、結局は描いてるのが好きなんでしょう。クライアントからの評判も毎回よく、成長し続けています。

 

服やアクセサリーは基本黒を好みます。ファンの方は、ファニムビ宛てにプレゼントください。これからますます伸びて行くのか?どうなんだい?

映像編集もできるし、アニメーションできるし、WEBデザイン、コーディングできるし、小道具も作れるし、君はどこを目指してるの?と問いかけるとか、以下の写真が送られて来ました。

default_917b277b08e8fdc5c09ac989a67609cc

YOSHIKIです。

すっぴんのYOSHIKIです。

ほら、彼はボケもできます。

万能ですね。

ちなみに彼はドラマーではなく、ベーシストです。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

カスタムし過ぎ

img_3549

家で作業のときは、外に出る時間がもったいないのでよく出前をとります。写真のはいなだ寿司という近所の寿司屋さんのねぎとろです。ネタがちゃんとしてて美味い。チェーン店のねぎとろを食べたりするとたまに身体がかゆくなるので、ここでしか頼めません。

僕にはいつもある癖があります。それは、メニューにない料理を注文したがること。それは、このアボカドの量を倍にしてくれとか、この豆乳マヨをこっちのメニューにもつけてくれとか、このエビをイカに変えて作ってみてくれとか、とにかくうるさい(はず)。

もちろん一見として行った時は言いません。仲良くなってからそういうのを言い始めるんですが、僕が飲食店をリピートする判断基準は、そのカスタマイズをさせてくれるかどうかってのがかなり大きな割合を占めてますね。

先日も、いなだ寿司を出前するときに、試しに、メニューにはないトッピングをお願いしてみたら、なんとも快く引き受けてくれて、写真のような、とろろ納豆ネギトロ丼がやってきました。しかもお母さん「納豆の味を他のに合うように味付けしときましたよ☆」ですって。素敵すぎます。そういう人の店に通いたい。そういう人の飯を食い続けたい。

結局この丼はめっちゃ美味かったです。次も絶対頼もうかなとか思ってます。

 

うちでは、たまに、社長のバースデームービーというのを作っています。昔、ミュージシャンとかタレントさんの誕生日によく個人的にムービーを作ってた名残で、一部の層からたまに依頼があります。

そのムービーの特徴は「その人といえば?」といった特徴を並べて歌にして、苦情9割、愛1割の爆笑ムービーを作るんです。もし、僕がこのムービーを作ってもらうことになったら、きっとこの「飯食いにいったら、すぐカスタムしたがり過ぎ」っていうネタが入るんだろうなあって思ってます。

 

なんでもそうですが、選択肢って実は決められた中からしか選べないんじゃなくて、自分で作り出していけると思うんですよね。かといって、自信作の料理に手入れされたらそらムカつく料理人もいらっしゃるでしょうから、ほどほどにはしていますが、、、

個人的にはフレキシブルな人が好きです。

カスタム好きです。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

同性愛者じゃねえし

img_3551

土曜なので、この人とみなとみらいで飯食ってました。

沖縄出身、シンガー兼営業という肩書きを持ち、同性愛者なのに同性愛者じゃないと言い張ります。

でも、最近は本当に同性愛者じゃないのかなあと思うようなことが多々あるので、そろそろ同性愛者じゃないんだろうなあって信じてみようかと思います。

努力します。

 

彼は「やわらかい」という武器を持っています。

どんな角張った人が来ても、やわらかく返します。

だから、営業をしてても売りません。

やわらかすぎて売ってる感じがしないんです。

だから売り込まれてる側も、売り込まれていると気づいていません。

やわらかいなあ、やわらかいなあ、なんて思ってたら、

いつもまにか買っていた。そんな営業マンです。

売らない営業マンです。すごいですよね。

 

2年前に名曲を作ってから、最近はあまり音楽に打ち込んでなかったので、

そろそろいい曲を作ろうとしているみたいで、

近日中にやるみたいです。期待しましょう。

 

最近オシャレに目覚めて、確かにカッコよくなりました。

これからも、ますますカッコよくなるみたいです。

目指すはマルーン5のボーカルみたいです。

(写真真ん中)

maroon_5_06

いや、やっぱそっち系やん!!www

決定やん!

まあ、おれはどっちでもええけど。

うちの会社は、性に開放的です。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

スーパーばあちゃん

個人的な経験則から「妊婦さんとおばあちゃん以外には電車の席はゆずらない」と決めています。理由はめんどくさいからです。

それ以外の人にゆずると断ってきよるんです。「いえ、わたしは大丈夫です」みたいな。

あれで20秒ぐらいゆずり合いとかになってもうたら地獄です。「ゆずりたい」という気持ちを「ゆずらない」2人のやりとりを満員電車で知らん人たちに見せるのは地獄です。

でも・・・

今後はおばあちゃんにもゆずらなくていいのかなあと悩んでいます。なぜなら昨日、おそらく合気道の使い手であるスーパーばあちゃんと遭遇したからです。

基本、電車では映画を見てるので、座っても座らんでもどっちでもいいんですが、ガラガラの時は座ります。で、映画に熱中してるといつのまにか混んでくるということがよくあります。

昨日も、そうして座ってたら、腰の曲がったおばあちゃんが乗って来たので、すぐさまゆずろうとすると、そのおばあちゃん、どうやったんか知らんけど、片手で俺の肩らへんをちょんと押さえただけのように見えたのに、まったく対抗できず、腰の曲がったおばあちゃんに片手で押さえつけられ、元の位置に座らされたのです。

ふっしぎー。

 

1439856577078067100

僕の勝手な想像ですが、あのおばあちゃん合気道の達人ですよ。まさか36歳の男がおばあちゃんに片手て動かされることなんてあるわけない。しかもそのおばあちゃん、全く動じることなく耳元で、

「だいじょうぶ。座って」

と囁いて、むちゃかっこよく、ただ歩き方だけはヨタヨタと、遠くへ歩いて行きました。

これ、間違いないですけど、ジョージルーカスもきっと昔同じ経験して、ヨーダのキャラを思いついたんちゃうかな。めっちゃ年寄りで、杖ついて歩いてるのに、強い、みたいな。

 

もちろん、ほとんどのおばあちゃんが普通のおばあちゃんなんで、これからも席はゆずりますけど、スーパーばあちゃん、また会いたい。合気道すごい。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

今年最後のしごと

年末近くになると、CMやプロモーション映像のお仕事が増えます。増えすぎてお受けできないこともあり、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな中でも、今年最後の作品になるのはどれかなあなんて考えながら仕事を調整していくのがまたおもしろくて、多少の調整はこちらで出来ても、お客様の返事のタイミングや、その他スタッフさんとのスケジューリングなどは予測がつかないことがあるので、どのムービーを仕上げて気持ちよく歳を越すのか、なんかスロットの目がぐるぐる回って止まるのを待ってる人の気分になります。(スロットは一切やりません)

もちろん、もう11月半ばなので、ノミネート作品は出ております。自社ごとながら素敵な仕事ばっかりです。

ノミネート1 激烈バカなCM
ノミネート2 かわいいHなダンスビデオ
ノミネート3 激烈バカなCM
ノミネート4 激烈バカなCM
ノミネート5 激烈バカなCM

さあ、どれが今年最後の仕事になるのでしょうか?

いや、バカなやつばっかり!!!

こんな会社にだれがした!!??

多忙なので、アシスタントディレクター募集中です!

一緒に素敵に歳をこしましょう。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。