ポンコツですねん

メガネを新しくするために、視力検査で目医者に行ってきました。なんてない普通の検査だと思ってぼーっとしていたら、セクシーな女医さんが突然・・・

「目の不調があるので、処方箋出せないかもしれない」

とか、わけのわからん怖いことを行ってきました。

 

511ga-j4pol-_ul1500_

ああ、定期健診受けに行ったらなんか悪い病気やったとかいう話ってこれかと思ってビビってたんですが、なんか青い光を当てられたり、いろんな手法で検査され、心底終わったなとか思ってたんですが・・・

検査の結果・・・

 

「君のまぶた、最後まで閉じない病やね」

 

「・・・はあ?」

 

「うん、だから君のまぶた、最後まで閉じない病やね」

 

「はい。だから・・・・・・はあ?」

 

まあ、もちろんそんな風には言われてませんが、僕にはそう聞こえました。「まぶたが最後まで閉じない病」だそうです。人生36年目の今日知りました。(もちろんそんな病名はありません)

 

これで、奥さんから、目を開けて寝ているとか言われたり、妙に目の下ばっかり充血したり、黒目にばい菌が入りやすかったり、痒かったりする原因がわかりました。

人生36年目でわかりました。

 

「まぶたが最後まで閉じない病?」、え?それって車でいうと窓ガラスが最後まで閉まらない車ってこと?ファスナーが最後まで閉まらないバッグってこと?無理やり押し込まないと閉まらない冷蔵庫の扉みたいなこと?

image12

 

いやいやいや、、、むっちゃポンコツやん。それがこんな中年になってからわかるもんなん?なんか切ななるわ。

 

「目薬出すから保湿しといてくださいね」ってセクシー女医さん。36年間目が痒いなあって思ってた原因が解決した割にはさらっとしてるなあ。

 

まあ、特に大事には至らなかったわけですが、なんか傷あり中古車のレッテルを貼られ、落ち込んでます。

 

こんなポンコツクリエイター集団ですが、ポンコツクリエイターの逆襲を企み、日々奮闘中です。

 

一点の曇りもない元気いっぱいの人に来て勇気付けてほしい気もしますが、なんかそうやって古傷を持った人たちにとっても居場所がある職場なのかもしれません。

 

気づいたら白目になってるこんな代表と一緒に働いてくれる人がいるなら、ぜひとも応募してください。

 

ちなみに、担当のセクシーな女医さんは年齢50代後半です。50代後半にしてはセクシーなため、セクシーな女医という表現にさせていただきました。

 

一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

コメントする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です