白シャツについて

お気に入りの白シャツに原因不明のシミができました。まあまあええやつ。だから、すぐにクリーニング屋へ行き、どんな手を使っても落としてくださいと頼んだら、一週間後、クリーニング屋なだけに綺麗な言葉で「手は尽くしましたがシミは取れませんでした!」と返されました。

え?そうなん?iPhone7が出る時代に取れへんシミなんかまだあんの?と信じられずにいましたが、本当に原因不明のシミらしく、諦めるしかありませんでした。

その2日後、もうひとつ同じぐらい気に入ってる白シャツに赤ワインをこぼしました。発狂しました。怒り狂うと同時にもう白シャツは買わへんと心に決めました。

ああ、どうしよう。同時期にお気に入りの白シャツふたつもダメにした。と限りなく落ち込んでましたが、なんか、やっぱり2日前のクリーニング屋のセリフに納得いかず、Siriが活躍する時代に汚れぐらい取れへんわけがないと、ロフトでシミ抜き的なやつを買いあさり、家で1人で落とし始めました。

すぐ取れました。

赤ワインも原因不明のシミも。

なんじゃそれ!?

なんの苦労も、なんの努力もしてないです。

シミ抜き的なやつで拭いたら取れました。

これはなんですか?

クリーニング屋がアホなんですか?シミ抜き的なやつが凄かったんですか?

わかれへん。

でもシャツはピッカピカ。

もう買いたてぐらいまっしろけ。

まあほとんどの人が気付いてると思いますけど、今の世の中、頭で想像したことは大体出来るようになってきてます。人工知能とか、仮想現実とか言われてる時代に、不便なことなんてかなりなくなってきてますよ。

そこは、ほんま想像力があるだけで、180度違う人生が始まると、信じたもんの勝ちなんだと思います。

そのシミ抜きに関しては、もしかしたらクリーニング屋では扱えない強力すぎる成分だったのかもしれませんが、そこで考えるのをやめてたら、白シャツは捨てられていたかもしれない。

想像力の欠乏こわい。

想像力ありがとう。

今日のブログは、僕が服をよく汚すやつだということがわかっただけのマイナスしかない結果になりました、

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

コメントする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です