昼飯を食うこと

お仕事で赤坂に行ったら、いつも行く定食屋に行ったぜ。崎原と大淵を連れていったぜ。

fullsizerender-9

旨そうだぜ。実際旨いぜ。米が旨いぜ。

 

fullsizerender-6

この顔は、飯が旨くてあんまり話しかけてほしくない時の顔です。みんなでランチする醍醐味って、ワイワイ話すことのはずやのに、この顔です。でもこういう男です。大淵源八がWikipediaに載ったら「ルールが多い」って書きこもうと思ってます。

 

あれ、今日は「ぜ」で通すんかなと思ったあなた、めんどくさいから、通さないぜ!普通にやるぜ!

fullsizerender-5

fullsizerender-7

焼き魚が好きな崎原もご満悦の表情。だって旨いんですもん。

 

fullsizerender-8

いやあ、しかし旨いのです。

 

昔なんかの映画で「旨い飯を一緒に食ったら、俺らはもう友達だ」っていうシーンがありましたが、わからんでもないです。

fullsizerender-4

fullsizerender-3

旨いから、話しかけられたくなかった大淵も、結局、仲良く食ってます。それは結局飯が旨いからです。

なんかよくわからなくなってきましたが、仕事仲間と仲良く飯を食えると、仕事は楽しいってことです。

いや、やっぱりなんかよくわからんかな。

img_3573

ちなみに、ここの卵かけご飯は、大淵の人生歴代3位だったそうです。

「1位と2位はどこ?」って聞いたら、

「覚えてない」だそうです。

つまり、この店が暫定1位ってことです。

また行こう。

 

こんな社長と一緒に働いてくれるクリエイター募集中!!

 

 

proflie_list_normal 中道 一将
1980年生まれのおむすび職人。
独学で握力を鍛え、2009年より単身でキッチンに入り、幼少期からの憧れであったおにぎりを握り始める。白米より玄米のほうが栄養があるという事実を突き詰め、その芳醇な味わいと、もっちりとした歯ごたえに魅了されるが、おにぎり業界での功績はまだ何もあげてない。

コメントする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です